軽井沢彫家具 旧三笠ホテル展示会(2011)

主催:軽井沢彫家具組合 長野県 軽井沢町商工会
会場:旧三笠ホテル(重要文化財)
担当:家具デザイン、及び、会場構成

武蔵野美術大学インテリアデザイン研究室チームとの協働。
『100年の歴史を持つ軽井沢彫のブランド化事業』の一環として軽井沢彫家具組合の展示会に参加しました。会場デザインの一環としてこちらも100年超の歴史を誇るハンガリーの代表的陶磁器メーカーであるヘレンドジャパンの協力を得、旧三笠ホテルの大ホールに手彫りの家具と手描きの陶磁器の共演が実現しました。各社が所蔵する軽井沢彫家具のアンティークも展示し、明治・大正・昭和の別荘・家具文化の一端に触れられる展示となりました。