和暦の室礼 弥生

中国では、三月最初の巳の日、川に入ってけがれを浄める儀式がありました。
日本に伝わり、身代わりとして紙や藁の人形を川へ流す風習と重なったようです。真竹を使い『竹雛』を作り、欅の耳付き板に室礼ました。欅の耳付き板は、角を無くし、あたかも水面のような表情になっています。