和暦の室礼 葉月

精霊棚と夏野菜を室礼る。お盆は正しくは「盂蘭盆会」といい、お釈迦様の弟子が地獄に落ちた母親を救うため供養した、という故事が始まりとされています。『脇息』をデザインし、精霊棚として使用しました。普段は脇息、いわゆる肘掛けや立ち上がるときの台として重宝します。