和暦の室礼 長月

三枚無垢板の花器
九月九日は最大の陽数である“九”が重なることから『重陽の節句』。日本では“九”は“苦”と同じ音なので、あまり縁起のよい数字ではありませんが、中国陰陽説では奇数が陽。九月九日は二重の陽でとてもおめでたい日。欅(けやき)桜(さくら)櫤(たも)の三枚の無垢板とペットボトルを再利用する組立式の花器を新たにデザインしました。