毎食の桐箱 調味料入れ(2013)

クライアント:厚川産業 松田桐箱 秋田県雄勝広域森林組合
素材:秋田県産桐材

国産木材では最軽量の桐を用いた、毎食使うテーブル・キッチンウエアのデザインです。春日部桐箱の伝統的職人技による密閉度の高い桐箱技術と桐の調湿・抗菌機能が食品の美味しさを閉じ込めます。お米やパン、乾麺や根菜類、お煎餅やクッキーなどの保存に適しています。蓋の丁番には布ヒンジを採用し、金属をつかうことなく伝統の桐箱技術でデザインしました。